「縦横無尽の知的冒険」を読んで衝撃を受けた人のブログ

40代 家事、育児、教育、投資を中心に生活しています。充実した生活をおくるための考え方や料理、おすすめ映画、おすすめ本など。

カテゴリ: 子育て

現在、日本においては小中学校教育を無償で受けられます。
当たり前のことのようですが、当然その費用は税金で賄われています。

教育関係に詳しい方から聞いた話ですが、一人当たりの教育費用(税金が使われる額)は年間約80万円だそうです。幼稚園、保育園、高校の費用は無償ではありませんが、かなりの割合で税金からの恩恵を受けているはずです。また、福島県では18歳まで医療費の個人負担はありません。中学生までは児童手当も支給されます。

このような経済的利益は少なくとも小中学校期間中は、年間100万円以上になると思います。
それ以外の18歳までの期間がその半分としても18歳までに1350万円の利益を得ることになります。

子育てにはお金がかかるといいますが、これは親にとってだけではなく、国にとっての言葉でもあります。
子供が二人いれば2700万円の利益(教育、医療、各種手当)が国から家族に支給されるのです。
どんな金融商品も対抗できない最高の資産増加方法だと思います。

結婚は最強の資産増強策です。税制面での優遇は配偶者控除にもあるように、高度経済成長期の家族モデルをベースとしているため、独身者に不利です。それに、生活費の面でもパートナーと按分できるという点も結婚の利点です。
ELLY853_tosyo15191241_TP_V


3年後には子供が18才を迎えます。進学するか、就職するかはわかりませんが、進学するにしても学費は自分で工面させるつもりです。ざっくりと計算してみます。
4年間の国立大学入学、授業料合わせて約250万円
4年間の最低生活費300万円(月6万円×12ヶ月×4年)
やはり600万円位は最低かかりそうです。
これをどうやって捻出するかです。全て親が費用として支出するのでは大人として扱うことにはなりません。子供自身が自分の頭で考えて「自分に投資」するべきです。そのためには親は18才までの子供に対しては「投資家」ですが、18才を過ぎた子に対しては対等の大人として「貸主」に変わるべきだと思っています。
高卒で就職するよりも有名国立大学を卒業してから就職する方が、その後の給与水準や職業選択の幅が広がるという面から考えて、有利であることは間違いなさそうです。しかしながら、それを選択するのは子供自身であるので、仮に大学進学をしないという選択をしたとしても、その選択を尊重すべきであり、有名国立大学進学を無条件に最善として費用を賄うつもりはありません。

具体的には300万円を親が子に貸し付ける。
300万円を奨学金から借入する。
足りない分"はアルバイト等で賄うといったところでしょうか。

仮に高校卒業後に自宅から通う形で就職した場合は、生活費(5万円程度)を毎月入金させるよにします。自宅から大学に通う場合も生活費の入金をさせたいところですが、現実的には無理な気がします。
高校を出てすぐに就職(自宅) 5万円の生活費入金
高校を出てすぐに就職(アパートを借りる) 5万円の生活費入金は免除
高校を出て大学進学(自宅) 学費等(300万円)を親から借金。就職後に返済開始
高校を出て大学進学(アパートを借りる) 学費等(300万円)を親から借金。奨学金から300万円の計600万円を借金することとなります。ざっくりですが高卒と大卒の年収差を100万円と考えれば、6年で差額を回収できる計算なので、その後の人生を考えるならば、大学進学は無駄にならないといえそうです。
大事なのは大学進学はあくまで自立した大人として選択するもので、費用対効果を考えて必要ないと考えるならば、無理に選択する必要はないということです。
仮に30才まで、親元から通勤すれば、親にとっても、子供にとっても金銭面でのロスが少なく、貯蓄しやすい環境となるはずです。





 

昨日は子供の高校入試でした。
私自身でも問題を解いてみました。(過去問も先週やってみました)
3月14日には合格発表で、その時に平均点も発表されるでしょうが、昨年の問題と比較しての平均点を予想してみました。配点については福島県は非公表ですが、昨年と問題形式がほぼ同じなので、昨年の予想配点をそのまま、あてはめてみました。
OJS_sekitokokuban_TP_V

<国語>
予想平均点  26.5点 (昨年度 24.7点)

私の点数  37点
子供の点数 32点
短歌、古文問題は日頃からやっていない私には難しかったですが、受験生にとってはそれほどでもなかったようです。長文読解については昨年並みと考えて、平均点は少し上がるのではないでしょうか。

<数学>
予想平均点  26.0点 (昨年度 24.9点)

私の点数  21点
子供の点数 28点
さすがに覚えていない公式が多く、20点がやっとでした。難易度自体は昨年並みでしょうが、連立方程式の解法の問題は難しくなかったので、平均点は少し上がると予想しました。

<英語>
予想平均点  23.0点 (昨年度 24.3点)

私の点数  35点(ヒアリングについては50%の正当率と仮定して算出)
子供の点数 27点
英語は大学入試で相当やったので、中学生に負けるわけにはいかないと意気込んだのですが、難しかったです。英作文問題も多く、昨年と比べて明らかに難しかったと思います。

<理科>
予想平均点  27.0点 (昨年度 29.0点)

私の点数  32点
子供の点数 35点
天体の問題が難しかったです。学生時代も難しかった記憶がよみがえりました。当時出来なかった問題は大人になってできるはずがありません。全体的には昨年よりは少し難しい気がしたので、2点減としました。


<社会>
予想平均点  23.0点 (昨年度 25.5点)

私の点数  37点
子供の点数 33点
社会については、現役社会人としての教養という点で公民分野?はほぼ正解しましたが、地理、歴史は忘れているものが多かったです。地理分野に難問が多かったと思います。昨年よりは平均点は下がる気がします。

<5教科合計>
予想平均点  125.5点 (昨年度 128.3点)

私の点数  162点
子供の点数 155点
国語と数学は平均点は上がると予想します。
英語、理科、社会の平均点は下がると予想します。
結果、昨年と比べて、平均点は下がると予想します。
約30年ぶりに高校入試問題を解いてみて、当時とほぼ同じ点数だったという結果でした。成長してないことを残念に思う気持ちよりも、いまだにこれだけの点数をとれた嬉しさの方が大きかったです。

 
膝を強打してから歩けなくなってしまった子供。骨には異常なしとのことでしたが、歩けないということが、これほど大変だということは歩けなくなるまで分からないものです。そして、付き添う立場になってみて、初めて付き添う立場の人の気持ちが分かるものです。もちろん大変なのは足を痛めた本人に違いありません。しかしながら、現実的にトイレにも一人で行けないとなると、付き添いは必須となり、学校に行っても様々なことが発生します。
C754_yoyogikouenmaenokaidan_TP_V


・歩行、特に階段の上り下りというものがいかに重労働であるか
・容赦ない小学生の言葉、奇異の視線に晒されること
・優しい気持ちで手伝ってくれる人には対応しなければならないこと

早く直って欲しいという気持ちはありますが、それは本人が一番強いのしょうから、あまり無理をさせず、辛抱強く付き添う必要がありそうです。

人間の長所と短所は、糾える縄の如く、表裏一体である。例えば、社交的な人には主体性がないし、主体性のある人には、協調性がないというように。人間の本性を変えることは容易ではないし、標準的な人間になっても、平凡な人以上の価値はない。それならば、教育により標準的な人間へと矯正するよりも、自分の特性を長所とする努力をした方が、得策ということになる。
  永井俊哉ドットコム「世代を超えた格差の固定化を防ぐ方法」

この言葉を思い出しました。歩けなくなったということで身に着く別の感覚というものがあるはずです。それが今は見えないからと言って悲観してしまうのは、バランス感覚が欠如しているといえそうです。

永井俊哉
Nagai, Toshiya
2016-03-05









 


 

↑このページのトップヘ