・ゴミの分別は資源の有効活用
今では当たり前のようにプラスチックごみ、燃えるゴミ、不燃物などをそれぞれ半透明のポリ袋に入れて決まった日に出しています。ゴミ袋が黒だったことも忘れている人も多いのではないでしょうか。
地球環境を考えればなるべくゴミを出さない、そして資源の有効活用という意味でゴミの分別は大切なことだと思っていました。この論文を読むまでは・・・

従来、プラスチックなどの塩化有機物を焼却炉に入れると焼却炉が傷むという理由が、プラスチック類のごみを、焼却炉に送る「燃えるごみ」に混ぜずに「燃えないごみ」として分別したり、あるいはマテリアル・リサイクルのために分別回収したりすることを正当化してきた。しかし、現代の廃棄物発電は、この問題を既に解決しており、マテリアル・リサイクルでは採算がとれないようなプラスチック類は「燃えるごみ」に混ぜて捨てる方が望ましい。
永井俊哉ドットコム「リサイクルはどうあるべきか」

・市役所職員の意外な言葉
私の友人の中に市役所職員がいます。その人はゴミの焼却場に配属になったことがあり、焼却場の内情に詳しい人です。ゴミんの分別が面倒だという話になった時、彼が言ったことが忘れられません。

「燃えるゴミは生ごみばかりなのでなかなか燃えない。適度にプラスチックが入っていた方が良く燃える。燃えない時は大量の油を使うので、本当にゴミの分別が環境に良いか分からなくなった」

というような話でした。その場では、そんなものかと受け流しましたが、なんともやりきれない気持ちになりました。環境問題を考えてトレイを洗ったり、ペットボトルのラベルを剝がしたりといった行為も本当に意味があるのだろうかと思うようになりました。

 
市場原理のもと営利を追求する企業にとって、人的資源は、天然資源とともに節約に努めなければいけないコストである。また他社との競争に勝つために、顧客の満足度を高めなければならない。そこで、企業は、人件費を最小にし、顧客の利便性を最大にするように進化を遂げてきた。ところが、政府主導のリサイクル産業は、これとは逆の方向に進んでいる。政府にとって、人件費は、雇用の拡大という大義名分のもと増やすことが正当化できるコストであるし、住民の労働は、法律で強制することでタダでいくらでも使える資源である。その結果、政府は人海戦術的なリサイクル産業を肥大化させ、住民には不便な方法を強要するようになったのである。
永井俊哉ドットコム「リサイクルはどうあるべきか」
N853_gomigasanransururojiura_TP_V

・節約生活とゴミの分別
節約生活を考える場合、収入に対して支出の割合を減らすといったことが基本となります。当然、ゴミを減らすことも無駄を省くという意味で重要なことです。だからといって、ゴミを分別するという手間つまり人的資源を浪費することは結果的にコストがかかっているという事実も認識すべきであります。

・ゴミの分別は資源の浪費
そもそもゴミの分別自体が地球環境の改善に有効であるとは思えません。そうであるならば分別している時間が無駄そのものです。私が住む自治体のプラスチックごみは汚れがひどい場合は燃えるゴミとして出して良いそうです。水洗いで汚れが落ちるものは水で流してから出すそうです。いずれにしても罰則規定はないので、まじめに分別している意味は「おそらく地球環境に良いことをやっているつもり」になれることくらいです。しかしながら、分別は面倒で貴重な時間を費やすという人的資源の浪費であるということは事実です。

多くの自治体がプラスチックごみは全て燃えるゴミとして出せる方向になっているとはいえない現状です。少なくとも個人としては行政の押し付けるただ働き(ボランティア)には注意したいと思っています。
この記事は過去の「ゴミの分別は資源の浪費である理由」を加筆、修正したものです。

市場原理は至上原理か
永井俊哉
Nagai, Toshiya
2016-03-05