この記事は過去の「子育てこそ最高の投資であると思う理由」を修正、加筆したものです。

セミリタイヤこそ理想の生活であると思う私の実体験に基づく、構想です。

現在、日本においては小中学校教育を無償で受けられます。
当たり前のことのようですが、当然その費用は税金で賄われています。

教育関係に詳しい方から聞いた話ですが、一人当たりの教育費用(税金が使われる額)は年間約80万円だそうです。幼稚園、保育園、高校の費用は無償ではありませんが、かなりの割合で税金からの恩恵を受けているはずです。また、福島県では18歳まで医療費の個人負担はありません。中学生までは児童手当も支給されます。

このような経済的利益は少なくとも小中学校期間中は、年間100万円以上になると思います。
それ以外の18歳までの期間がその半分としても18歳までに1350万円の利益を得ることになります。

子育てにはお金がかかるといいますが、これは親にとってだけではなく、国にとっての言葉でもあります。
子供が二人いれば2700万円の利益(教育、医療、各種手当)が国から家族に支給されるのです。
どんな金融商品も対抗できない最高の資産増加方法だと思います。

結婚は最強の資産増強策です。税制面での優遇は配偶者控除にもあるように、高度経済成長期の家族モデルをベースとしているため、独身者に不利です。それに、生活費の面でもパートナーと按分できるという点も結婚の利点です。

18才以降のこどもたちが、進学するか、就職するかはわかりませんが、進学するにしても学費は自分で出させます。いずれにしても、結婚までは親元から離れないことを勧めるつもりです。その際は独立した大人であることを認め、生活費(5万円程度)を毎月入金させるよにします。これで、仮に30才まで、親元から通勤すれば、親にとっても、子供にとっても金銭面でのロスが少なく、貯蓄しやすい環境となるはずです。社会人となった子供を2人賄えば、毎月10万円の収入となります。子供が結婚して家を出る頃には公的年金も支給される年でしょうから、滑り込みセーフといったところでしょうか。
これを実現するには、ある程度の貯蓄と、発想の転換、支出のセーブといったものは必要でしょうが、なにより第一は子供に対して、金融リテラシーを身につけさせることにあると思っています。