現在、日本においては小中学校教育を無償で受けられます。
当たり前のことのようですが、当然その費用は税金で賄われています。

教育関係に詳しい方から聞いた話ですが、一人当たりの教育費用(税金が使われる額)は年間約80万円だそうです。幼稚園、保育園、高校の費用は無償ではありませんが、かなりの割合で税金からの恩恵を受けているはずです。また、福島県では18歳まで医療費の個人負担はありません。中学生までは児童手当も支給されます。

このような経済的利益は少なくとも小中学校期間中は、年間100万円以上になると思います。
それ以外の18歳までの期間がその半分としても18歳までに1350万円の利益を得ることになります。

子育てにはお金がかかるといいますが、これは親にとってだけではなく、国にとっての言葉でもあります。
子供が二人いれば2700万円の利益(教育、医療、各種手当)が国から家族に支給されるのです。
どんな金融商品も対抗できない最高の資産増加方法だと思います。

結婚は最強の資産増強策です。税制面での優遇は配偶者控除にもあるように、高度経済成長期の家族モデルをベースとしているため、独身者に不利です。それに、生活費の面でもパートナーと按分できるという点も結婚の利点です。
ELLY853_tosyo15191241_TP_V


3年後には子供が18才を迎えます。進学するか、就職するかはわかりませんが、進学するにしても学費は自分で工面させるつもりです。ざっくりと計算してみます。
4年間の国立大学入学、授業料合わせて約250万円
4年間の最低生活費300万円(月6万円×12ヶ月×4年)
やはり600万円位は最低かかりそうです。
これをどうやって捻出するかです。全て親が費用として支出するのでは大人として扱うことにはなりません。子供自身が自分の頭で考えて「自分に投資」するべきです。そのためには親は18才までの子供に対しては「投資家」ですが、18才を過ぎた子に対しては対等の大人として「貸主」に変わるべきだと思っています。
高卒で就職するよりも有名国立大学を卒業してから就職する方が、その後の給与水準や職業選択の幅が広がるという面から考えて、有利であることは間違いなさそうです。しかしながら、それを選択するのは子供自身であるので、仮に大学進学をしないという選択をしたとしても、その選択を尊重すべきであり、有名国立大学進学を無条件に最善として費用を賄うつもりはありません。

具体的には300万円を親が子に貸し付ける。
300万円を奨学金から借入する。
足りない分"はアルバイト等で賄うといったところでしょうか。

仮に高校卒業後に自宅から通う形で就職した場合は、生活費(5万円程度)を毎月入金させるよにします。自宅から大学に通う場合も生活費の入金をさせたいところですが、現実的には無理な気がします。
高校を出てすぐに就職(自宅) 5万円の生活費入金
高校を出てすぐに就職(アパートを借りる) 5万円の生活費入金は免除
高校を出て大学進学(自宅) 学費等(300万円)を親から借金。就職後に返済開始
高校を出て大学進学(アパートを借りる) 学費等(300万円)を親から借金。奨学金から300万円の計600万円を借金することとなります。ざっくりですが高卒と大卒の年収差を100万円と考えれば、6年で差額を回収できる計算なので、その後の人生を考えるならば、大学進学は無駄にならないといえそうです。
大事なのは大学進学はあくまで自立した大人として選択するもので、費用対効果を考えて必要ないと考えるならば、無理に選択する必要はないということです。
仮に30才まで、親元から通勤すれば、親にとっても、子供にとっても金銭面でのロスが少なく、貯蓄しやすい環境となるはずです。