・口より先に手が出るということ
私には中学生から幼稚園児までの子供がおります。一緒に生活していれば腹の立つこともあり、毎日ガミガミうるさいと思われているはずです。私自身、子供に対して怒りにまかせて叩くことは極力避けたいとは思っていますが、沸点が低いのか、口より先に手が出ることも多くあります。口で言って分からないことに対して暴力は効果的です。子供を服従させるために叩くことや子供が振り上げた拳を拘束するのは完全に否定されるべきものではないはずです。

非暴力を貫いた父親が下した恐るべき最後の決断
家庭内暴力に悩まされる親は現在、社会問題となっている子供に対する虐待ほどにはクローズアップされていませんが、当事者自身が公にしない限り分からない問題であり、それが傷害事件となって初めて公にされるというケースが多いように感じます。
以下の文章は永井俊哉ドットコム「エントロピーの理論(15)優しさだけで子供はそだつのか」を自分なりに考察したものです。子を持つ親にはぜひ読んで頂きたい論文です。

約20年前、14才の息子を父親が金属バットで殴り殺す事件がありました。事件以前に加害者の父親は子供に対して暴力を振るうことはなかったし、自分自身も親から暴力を受けたことがなかったという事実は私にとって衝撃的でした。
子供に勉強を強要することもなく仲良く遊ぶことも多かった父親が子供を殺すという事実は決して他人事ではなく、深層を理解することは意味のあることだと思います。
shiosio_jkldads_TP_V

・事件の概要

1996年11月 東大卒でまじめな父親が息子(14才)を金属バットで殴り殺した

最初に母親への暴力が始まった
息子の出生当時、両親とも共稼ぎで息子は生後三ヵ月から保育園にあずけられた
息子の暴力の遠因は母から遠ざけらられているという思いへの復讐だった
父親は息子の母に対する暴力を叱らなかった
当時、父親自身は仕事がうまくいかず、家庭内に目を向けていなかった
父に対しても暴力を振るうようなり、それがエスカレートしていった
父親は息子の気持ちを分かろうと専門機関に相談したが解決しなかった
息子は自暴自棄になり自殺未遂を図った
父も自殺願望が起きたが、それが息子への殺意と変わり、犯行が実行された

2013年4月 父親は懲役3年の実刑判決を受けた


・史上最強の権力とは
母親は実際には子供に対して愛情を持って接していたようです。しかしながら、幼い子供にはそれが理解できず、遠ざけられたと感じたという事実は重要な点であると思います。子供は大人ほどに理解力はありません。自分の子供は自分のことを理解してくれるという根拠のない自信は、結果として悲劇につながると感じました。
子供からの暴力に対して毅然とした対応をすることは親としての責務です。その方法はケースバイケースでしょうが、それは時として親からの暴力も必要な状況もあるのではないかと思います。しかしながら、それでも暴力は避けるべきです。 なぜなら暴力は相手を従わせる最適の方法ではないからです。
 暴力をこれ見よがしに振るう暴君は、一見すると権力がありそうだが、実はそうではなく、暴力を振るわないがゆえに権力が不可視となった民主主義的な統治こそ、史上最強の権力を持っている。
    永井俊哉ドットコム「エントロピーの理論(15)優しさだけで子供はそだつのか」

暴力を使わない形で見えない権力を持った親になるにはどうすればいいのか、このブログを通して考えていきたいと思っています。

この記事は過去の「愛情を持って保育園に預けていても、それが子供に遠ざけられていると理解されたなら」を加筆、修正したものです

永井 俊哉
プレスプラン
2003-07-15